テナント営業マンコラム

オフィスのレイアウト

自己紹介

オフィスを新規で借りる、又は増床、減床で移転する、コスト削減等、色々な理由で企業はオフィスを探します。
その、企業をビルのオーナー様を繋ぐお手伝いをさせて頂いているのが、私ども、株式会社オフィスリーティルと言う会社です。

レイアウトは難しい

弊社は、これまで何百社という企業の移転を、お手伝いさせて頂いておりますが、まず、企業様からのご要望として、場所、賃料、広さは当然の事として、その他、ビルのグレード、セキュリティ、駅からの距離、ビルの設備等、様々なご要望に近い物件をご提案しています。

その中で、企業様が、見落としてしまうと言うか、頭を悩ませるのは、オフィスのレイアウトについてです。

企業様にオフィスを内覧して頂き、賃料等の条件や、大体の広さを基準に検討して、申し込みをしてから、業者にレイアウトを依頼するというのが一般的です。

しかし実際に、机やキャビネット、会議室のなど、すべてを配置してみると、思ったより狭く、全く動線が取れなかったり、逆に広すぎて、無駄な賃料コストがかかったりと、結局また、再検討、再案内という形になり、企業様にとっても時間の無駄になってしまいます。

万が一、最初の物件で契約してしまっていたら、それこそ何のために、お金と時間を使ってまで移転したのかわからなくなってしまいます。

費用がかかるレイアウトを無料にする方法

そこで弊社では、今回、提携しております、事務機器業者様にて、
当社でご案内、ご検討して頂きました物件につきましては、無料でレイアウト図面を作成させて頂きます。オフィスの移転は、まずレイアウトから!
各企業様に合った、オフィス作りを、応援致します!

pagetop