テナント営業マンコラム

電源が・・・無い!

香田 淳

あまり頻繁に行わない事務所の移転。

意外な落とし穴が!!

ここでは、そんな注意すべき事を実体験をもってご説明します(^^)/

 

先日、当社で事務所を決めていただいたお客様のお話しです。

事務所を決めた後にすること、それはレイアウト含め内装工事の打ち合わせです。

通常、お客様へオフィス内装の専門業者を紹介することもあるのですが、お客様のお付き合いもあって内装業者はお客様の主導で進んでいくケースも結構あります。

今回もそんな事情で、内装関係はお客様の業者に依頼することに!!

 

内装業者が決まれば工事の打ち合わせ(現場説明会)をしないといけません。(工事の内容によってはオーナーの指定業者になることもあるからです)

そして、その現場説明を行ったところ。。。

んん?内装業者さんが来てない(^^;

慌てて、お客様にお伺いしたところ、本日は来ないとの回答。

設備関係見てもらわなくて大丈夫ですか?とお伺いしても「慣れてる方だから大丈夫です」と言うのでその場は内装業者さん無しでレイアウトの打ち合わせを行いました。

そして、このお客様が入居するまで、私が内装業者さんから受けた依頼は「図面(寸法図)を下さい。」のみ。

私:「採寸しなくていいですか?設備とか見なくて大丈夫ですか?」

内装の担当者:「だいたい分かるので寸法図だけでいいです!」

何か危ない感じが。。。

 

そして、いよいよ入居工事着工!

なんと!この工事、営業開始日前日なんです(^^;

そこで事件が起きました!!!

「このビル、電源が無いと言われました!」と慌ててお電話が。。。

(通常、電源は共用部から貸室内に引き込み、コンセントを設置しないといけません。(壁にコンセントがある場合もあります)

内装業者の方に電気工事を行ってもらって下さいと返答したが、この業者さんは電気工事まで見積もっていないという。。。

何で?現場説明会には来ない、設備は見ない、だいたい分かるのでは??

「明日が営業開始日なので、何とかして下さい。」と言われ、大至急手配。

当日、夕方には電気工事を終え、無事通電(^^)

何とか間に合って良かったが、一つ間違えば大変なことに。。。

オフィスビルの内装工事は慣れ不慣れが左右しますので、専門業者に依頼しましょう!!

 

 

pagetop