テナント営業マンコラム

失敗しない事務所物件の選び方

事務所の開設・移転時の、失敗しない物件の選び方をご紹介致します。

内覧の際に、これらを抑えておけばより良い物件に出会えること間違いなしです!

 

 ビル周辺部

ゴミが散乱している

もはやこれは言うまでもありません…

オフィスビルですとこのような光景は殆ど見られませんが、もしゴミが多数落ちているようでしたら、管理・清掃が行き届いていない証拠です。

 

不法駐輪が目立つ

見栄えが悪いだけでなく、転倒等で来社される方が怪我をする可能性があります。

他の入居者様や近隣テナント様のモラルが気になりますね…

 

エントランス部

照度は充分か

必要以上に照明が暗かったり電球が切れている場合は、来社される方に暗い印象を持たれてしまいます。

照度と併せて、清掃状況などもチェックすると尚良いです。

エントランスはビルの顔です!企業イメージにも繋がりかねない大事なポイントです!

 

エレベーターの台数

入居されているテナント数やビルの規模に比べ、エレベーターの台数が少ない場合、朝や昼食時に混みあうことが多くなります。

スクールやクリニックなど、多数の人の出入りが想定される場合も同様です。

 

トイレ

ここのチェックは必須です!

どれだけ外観やエントランスが綺麗でも、トイレの清掃が行き届いてないビルは何かが欠けている可能性があります。

DSC_0029

(外観やエントランスは立派でも、稀にこういうビルもあります…)

男女別なのか、ブース数は同フロアのテナント数に対して不足していないか、これらも併せてご確認下さい。

 

貸室

ドア

セキュリティ設備が予め設置されているか、無い場合は設置工事の可否を事前にご確認下さい。

 

床仕上げ

PCや電話回線の配線を隠したい方は、OAフロアになっている貸室をお選び下さい。

http://office-bukken.com/glossary/173/

未敷設の場合でも、敷設してくださる貸主様も中にはいらっしゃいますので、是非ご相談下さい。

但し、十分な天井高がない場合、OAフロアを敷設すると圧迫感が増しますので、要注意です…

 

窓の位置

窓が東向きの場合は朝日が、西向きの場合は夕日が入ってきます。

PCの画面に反射し見づらくなると業務効率も落ちますし、窓が多い区画の場合は夏場になりますと室内温度が上がり、空調効率ダウン→空調費アップになりかねませんので、要注意です。

 

空調機

大きく2種類に分かれますので、企業の就業スタイルに合わせお選び下さい。

 

個別空調:各区画毎に電源のオン・オフや温度設定ができます。

18時以降の残業や土日祝の業務がある場合は、時間を気にせず使用できます。

http://office-bukken.com/glossary/2389/

 

セントラル空調(全館空調):フロアや一定区画単位で運転や温度が設定されます。

コアタイム(概ね平日の朝~18時頃まで)の空調費が共益費に含まれるビルが多いです。

時間外運転は可能ですが、個別空調と比較すると若干割高になりますので、あまり残業や土日祝の出勤がない場合はこちらの方が良いかもしれません。

http://office-bukken.com/glossary/2404/

 

以上です。

まだまだ微細な点はありますが、内覧される際には担当営業に遠慮無く何でもお尋ね下さい。

pagetop