テナント営業マンコラム

福岡市の税収3年連続で過去最高!!

福岡市の、平成27年度の市税年収が2841億円となり、3年連続で過去最高を更新したと発表がありました。

要因としては、人口増や景気回復に伴う土地評価額の上昇が、税収を押し上げたようです。

納税者が1万1千人増加したことにより、個人市民税が28億増の889億円、固定資産税と都市計画税の合計は13億円増の1326億円となってます。

また、法人市民税は22億減の409億円となり、企業の業績改善による伸びはあったようですが、税制変更で一部、国税化されたことが減収に影響したようです。

また、一方では市税の未納金額は51億円もあるそうですが、これでも前年比の6割減とかなり減少したようですね。

住みたい街ランキングなどでは、常に上位にランキングされる福岡市ですから、これからも人口増加に伴う税収も増えることが予想されますが、

これらの税金を福岡市がもっと良くなるために、有効に使って頂きたいものです。

現在、福岡市は国家戦略特区「創業特区」に指定され、都市の成長に取り組んでいて、スタートアップ企業には、さまざまな優遇措置を適用されることができます。

今から起業をされる方は是非一度、福岡での起業を考えてみてはいかがでしょうか(^^)?

pagetop